読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aurのパッケージをaur4に移行した

Arch Linux

Arch LinuxのAURにPKGBUILDをアップロードしている人には「AUR 4.0.0 migration notification」というメールが届きましたね。aru4になってもパッケージをメンテナンスしたいひとは6月8日〜7月8日での間にgitリポジトリにコミットしてねってということで、早速移行してみました。

移行手順はArch WikiにあるArch User Repository - ArchWikiを見れば何の問題もなく作業は完了すると思います。

ドキュメントを読む時の注意点としては、.ssh/configに以下のような内容を書いてねってところで、Userにはaurのwebインターフェースにログインするときのidではなく、aurを指定します。なので、ドキュメント通りにssh鍵名をid_rsa-aurとした場合、ドキュメントのままコピペればOKです。

Host aur4.archlinux.org
   IdentityFile ~/.ssh/id_rsa-aur
   User aur

その他、今までのaurに無かった仕組みとして.SRCINFOというファイルが必要になってます。このファイルはpkgbuild-introspection-gitというパッケージのmksrcinfoというコマンドで作成されます。このコマンドはPKGBUILDを読んでファイルを作ってるみたいですね。

出来上がった.SRCINFOはこのようになります。

pkgbase = xfstests-git
    pkgdesc = File system QA suite
    pkgver = linux.v3.8.r640.gfacff60
    pkgrel = 1
    url = http://oss.sgi.com/projects/xfs
    install = xfstests-git.install
    arch = i686
    arch = x86_64
    license = GPL
    makedepends = git
    depends = xfsprogs
    depends = openssl
    depends = libaio
    source = xfstests-git::git://oss.sgi.com/xfs/cmds/xfstests.git
    source = no-ltinstall.diff
    md5sums = SKIP
    md5sums = 4ec54611e65df0caa825e5fe8dc949c7

pkgname = xfstests-git

これがどの辺りで使われているかというところですが、gitでpushするときにPKGBUILDに記載されているファイルが足りない場合、push時のhookによるチェックでエラーになります。

masami@saga:~/codes/aur4/xfstests-git (master)$ git push origin master
Counting objects: 5, done.
Delta compression using up to 8 threads.
Compressing objects: 100% (5/5), done.
Writing objects: 100% (5/5), 1.72 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 5 (delta 0), reused 0 (delta 0)
remote: error: The following error occurred when parsing commit
remote: error: 324366dbf6541f773a60741b7372148e91c7b73c:
remote: error: missing install file: xfstests-git.install
remote: error: hook declined to update refs/heads/master
To ssh://aur@aur4.archlinux.org/xfstests-git.git
 ! [remote rejected] master -> master (hook declined)
error: failed to push some refs to 'ssh://aur@aur4.archlinux.org/xfstests-git.git'

aurにあるパッケージのインストール時にも使っているかも知れませんが、今のところ気付いたのはこの時です。

プロセッサを支える技術  ??果てしなくスピードを追求する世界 (WEB+DB PRESS plus)

プロセッサを支える技術  ??果てしなくスピードを追求する世界 (WEB+DB PRESS plus)