読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

φ(.. )メモシテオコウ LinuxカーネルのプロセスCheckpoint/Restore機能

kernel linux

Fedora 19のfeatureリストを見ていたらプロセスのダンプ・リストア機能が入っていたのでちょっと試してみました。
機能としてはカーネルのコンフィグでCONFIG_CHECKPOINT_RESTOREが有効になっていることと、crtoolsパッケージのインストールが必要です。
Fedoraのconfig-3.9.6-301.fc19.x86_64を見たところCONFIG_CHECKPOINT_RESTOREは有効になっているのでcrtoolsパッケージをインストールするだけです。
自分はカーネルは3.10-rc7を使って実験しました。

まずはシングルスレッドのプロセスで実施。1874がpidです。
これは4回目のループを行ったときにcrtoolsコマンドでダンプを取った時のログです。Checkpointはデフォルトではプロセスをkillするようです。
killされたくない場合は-sオプションを使うとSGIKILLの代わりにSIGSTOPが送られるので、Checkpoit処理完了後に再開させることができます。

[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ ./single_thread
1874:loop 0
1874:loop 1
1874:loop 2
1874:loop 3
zsh: killed     ./single_thread

こちらがダンプを実行した側です。-Dオプションでダンプファイルの置き場所を指定してます。

[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ sudo crtools dump -t 1874 -j -D dump_files

ダンプファイルは以下のように複数できます。

[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ ls
.  ..  dump_files  inventory.img  single_thread  single_thread.c  thread_test.c
[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ ls dump_files 
.               eventfd.img        fanotify-mark.img  filelocks-1874.img  inotify.img       mm-1874.img     pipes.img        rlimit.img        tty.img
..              eventpoll.img      fdinfo-2.img       fs-1874.img         inotify-wd.img    packetsk.img    pstree.img       sigacts-1874.img  tty-info.img
core-1874.img   eventpoll-tfd.img  fifo-data.img      ids-1874.img        inventory.img     pages-1874.img  reg-files.img    signalfd.img      unixsk.img
creds-1874.img  fanotify.img       fifo.img           inetsk.img          itimers-1874.img  pipes-data.img  remap-fpath.img  sk-queues.img     vmas-1874.img

また、シェルのプロセスの場合-jオプションを付けないと以下のように怒られます><

[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ sudo crtools dump -t 1776
(00.006072) Error (tty.c:1020): tty: Found sid 1680 pgid 1776 (pts) on peer fd 0. Missing option?

ダンプに成功したらリストアを試します。コマンドとしてはdumpがリストアに変わったのと-sオプションが無いくらいです。

[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ sudo crtools restore -t 1874 -j -D dump_files
1874:loop 4
1874:loop 5
1874:loop 6
1874:loop 7
1874:loop 8
1874:loop 9
^C%                                                                                                                                                           [masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ 

pidも1874が使われ、ループの開始位置も4からで正常にプロセスがリストアされたのが確認できます。

メインスレッド+サブスレッド2個のプロセスの場合でメインスレッドをダンプ。これも良い感じですね。
ここで出してるtidはgettid()で取得したlwpのpidです。
*ダンプの実行は別のターミナルで、リストアはプロセスを起動したターミナルで実行してます。

[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ ./threads
[-]pid = 10687 : tid = 10687 : thread id = 139687326631744
[-]pid = 10687 : tid = 10688 : thread id = 139687326627584
[-]sleep time is 1
[-]pid = 10687 : tid = 10689 : thread id = 139687318234880
[-]sleep time is 2
[-]tid 139687326627584 : 0
[-]tid 139687318234880 : 0
[-]tid 139687326627584 : 1
[-]tid 139687326627584 : 2
[-]tid 139687318234880 : 1
[-]tid 139687326627584 : 3
zsh: killed     ./threads
[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ sudo crtools restore -D ./dump_files -j -t 10687
[-]tid 139687318234880 : 2
[-]tid 139687326627584 : 4
[-]tid 139687326627584 : 5
[-]tid 139687318234880 : 3
[-]tid 139687326627584 : 6
[-]tid 139687326627584 : 7
[-]tid 139687318234880 : 4
[-]tid 139687326627584 : 8

最後にメインスレッドのpidではなく、サブスレッドのpidをダンプ・リストアするとどうなるか。

[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ ./threads
[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ ./threads
[-]pid = 13601 : tid = 13601 : thread id = 140271785342784
[-]pid = 13601 : tid = 13602 : thread id = 140271785338624
[-]sleep time is 1
[-]pid = 13601 : tid = 13603 : thread id = 140271776945920
[-]sleep time is 2
[-]tid 140271785338624 : 0
[-]tid 140271776945920 : 0
[-]tid 140271785338624 : 1
[-]tid 140271785338624 : 2
[-]tid 140271776945920 : 1
[-]tid 140271785338624 : 3
[-]tid 140271785338624 : 4
[-]tid 140271776945920 : 2
[-]tid 140271785338624 : 5
[-]tid 140271785338624 : 6
[-]tid 140271776945920 : 3
[-]tid 140271785338624 : 7
[-]tid 140271785338624 : 8
[-]tid 140271776945920 : 4
[-]tid 140271785338624 : 9
[-]tid 140271785338624 : 10
[-]tid 140271776945920 : 5
[-]tid 140271785338624 : 11
[-]tid 140271785338624 : 12
[-]tid 140271776945920 : 6
[-]tid 140271785338624 : 13
[-]tid 140271785338624 : 14
[-]tid 140271776945920 : 7
[-]tid 140271785338624 : 15
[-]tid 140271785338624 : 16
[-]tid 140271776945920 : 8
[-]tid 140271785338624 : 17
[-]tid 140271785338624 : 18
zsh: killed     ./threads
[masami@saga:~/checkpoint_restore_test]$ sudo crtools restore -t 13602 -D dump_files
(00.001056)  13601: Error (tty.c:178): tty: Found slave peer index 1 without correspond master peer
(00.001207) Error (cr-restore.c:902): 13601 exited, status=255
(00.001226) Error (cr-restore.c:1209): Someone can't be restored

ダンプは成功しますが、リストアは失敗しますね。といっても予想通りな動きで問題無いですが。

ということで、Checkpoint/Restore機能の簡単な実験でした(´∀`*)ノシ バイバイ